華火(はなび)

 

ていねいで繊細な筆致で描かれた美しい花火が、彩り豊かな華と競演する、あたかも絵画のような華麗さです。

紺の地模様として散りばめた満場の華が、更なる立体感を醸し出し、まさに百花繚乱の趣となりました。

 


桜華市松(おうかいちまつ)

 

市松模様にピンクと白の桜を散りばめました

黒が入ることでシックな装いとなりました